日々の中で感じたことを綴ってみます。週1ペース更新を目指してみるとかみないとか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牌、駆引、三麻にて

ついさっき、サンマ打ってて面白い状況があったので
ちょっと記事化。

牌譜  http://tenhou.net/0/?log=2010122311gm-0039-0000-801904f8&tw=0

ちょい長くなりそうなので、以下追記へ。

あ、大会の記事は↓2つ下ですぜ。
続きを読む
スポンサーサイト

麻雀と人生

最近あまりブログを更新していなかったってのと、
何か急に麻雀について語りたくなったので、
コラムっぽいよくわからないものを書きますw

麻雀は人生だ、と言っておられたのは、
オバカミーコでお馴染み、片山まさゆき先生です。
これは、私もメッチャ同意です。
配牌が悪くても一生懸命手作りをする人は、
不遇な立場でも腐らず自分の出来ることを頑張る人。
フリコミが続いてもカッとならず冷静に打てる人は、
仕事で不運な失敗が重なっても焦らず対処出来る人。
このように麻雀は、まさしくその人の人生を
よく表すゲームだと思います。
時としてありえないほど理不尽なのも、
人生の厳しさとよく似ていると思いますw

だからこそ、麻雀の強さというのは一口で言い表すのが
非常に難しいのです。
たとえば囲碁ならば、ミスがないというのが強さです。
もちろん囲碁だって、打ち筋や特徴は人それぞれですが、
ノーミスで打ち続けられれば、絶対に勝ちます。
とは言え、古今東西、囲碁でノーミスの棋譜など無いハズですがw
ともあれ、超実力主義の世界です。
初心者や中級者がプロに勝つことは、絶対ありません。

しかし、麻雀は違う。
半荘一回に限定すれば、初心者が上級者を破ることなど
全く珍しいことではありません。
時として、素人がプロに勝つことさえあるのです。
これは、麻雀というゲームが、
かなりの割合で運の要素に左右されるからです。

だけど、それでも麻雀界に確かな実力者は存在します。
そして、その実力者たちの打ち筋や特徴は、
囲碁以上にテンテンバラバラです。
攻撃型、防御型。デジタル、オカルト。面前型、副露型。
さらに、麻雀についての考え方、などなど。
ここがまた、麻雀の面白いところではないかと思うのです。
麻雀の強さは人それぞれ。考え方も人それぞれ。
ここもまた、まさしく人生に通ずるところがありませんか?

だから私は、麻雀で他人の打ち筋を全否定する人は嫌いです。
そういう人間はきっと、普段の生活の中でも、
自分が正しいと思いこみ、他人を全否定するでしょうから。
もちろん、こういう時は基本的にこう打つ方が効率が良いとか、
そういうことを教えてあげるのは、優しさだと思います。
しかし、例えば「ここでオリるのは鉄雑魚」とか、
「6m切り以外考えられないだろカス」みたいなアレは、
ハッキリ言って嫌いです。
それ以外考えられないのは、自分の視野が狭いからでしょう。
たとえキャリア数十年の打ち手であったとしても、
初心者の麻雀からでさえ、学べるものはあると思います。

と言っても、自分も時として人の麻雀を見てる時、
『あ~、何でそっち切っちゃうんだよ~』
とか思うことも無くは無いですw
ただ、それはそれとして受け入れるというのかな、
とにかくそこで全否定する人間にはなりたくないなと思います。

何か、取り留めのないことをダラダラ書いちゃったな。
すまんす!
また気が向いたら、私が目指す麻雀とか語ってみるかもです。
ザ・誰得!!御期待下さいw

THE 愚痴

「コラム」という新しいカテゴリをわざわざ作って、
満を持してお届けする記念すべき第一回目のコラム。
そのタイトルが

「愚痴」

どうしようもねえなw
最初は「某雀荘にて」とでもしようかと思ったんだけど、
多分、話の内容からいってもこれはただのグチになるな、と
容易に予想できたもんでねw
仕方ないね!

以下、長文につき追記

あ、今日は下にもう一つ更新記事あります。↓
長い更新停滞を経て、まさかの一日2更新w
続きを読む
プロフィール

ときら

Author:ときら
月に1回くらい麻雀が打ちたくなります。
日に5回くらいラーメンが食べたくなります。

つぶやきトキラ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ときらら397
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。