日々の中で感じたことを綴ってみます。週1ペース更新を目指してみるとかみないとか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーラス(2)

さて、オーラスについての第二弾。
オーラスは順位を確定させる大切な局であるということを、
前回はお話ししました。(確かw)
今回は、具体的な状況を交えつつ。

たとえば、こんな点棒状況だったとしようか。

東家     10000点
南家     33500点
西家     30000点
北家(自分) 26500点

自分はトップと7000点差の3着目。
ここで、ある程度作戦を練っておかねばならない。

まず、トップを狙うケース。
このくらいの状況なら、大抵トップを狙うんじゃないかな。
7000点差ってとこから、まず条件を確認。
直撃なら3900、ツモなら6400、他からの出和了りなら満貫。
なので、まずは無条件OKの満貫を作ることを考えたい。
牌勢的にムリっぽければ、次善の策として、
リーヅモチートイのロクヨンを考えるでしょうか。

しかし、それがどちらも無理っぽいとなると、
2着もやむなしの妥協案も考えておくべきでしょう。
2着目とは3500点差なので、直撃2000、ツモ3200、出和了り3900。
周りから仕掛けが入って展開が早いと感じた時や、
手にドラがなくて高打点が狙えそうもない時など、
やむを得ない時はスパッと切り替えることも大切でしょう。

天鳳ルールだと、更に事情が変わって来ます。
とにかくラスを引きたくないわけだから、場合によっては、
3着のままでもOKってことになる。
ラス目の親が鳴いて来たら、上家にいる自分としては、
甘い牌は出せないという考え方になります。
まして、親がドラの白をポン!みたいな状況になったら、
とにかく親を和了らせないこと以外考える必要なし!
自分の手は度外視で、牌を絞りに絞って、場合によっちゃ
緊急回避として、トップ目2着目への差し込みすらあり得ます。

このように、状況や狙いによって、打ち方が変わるわけです。
オーラスの戦い方、なかなかに深いです…。
スポンサーサイト

オーラス(1)

入院中だからと言って、あまりに何も書かないってのも、
ブログを見てくれてる皆さんに申し訳ねぇ、って事で、
何か書いてみることにした。
今日は、オーラスについて。

オーラスというのは、半荘なら普通南四局の事で、
その半荘の締め括りとなる大切な局である。
このオーラスは、他の局と決定的に違う点がある。
それは、親以外が和了った瞬間、順位が確定する事だ。
当たり前の事ではあるが。

つまり、これは打ち慣れてる人なら常識だろうが、
意味の無い和了りは許されない、という事になる。
和了れば何でも良い、とはいかない。
それだけ、強い意志を持って臨まなければならないのだ。

例えば雀荘などで、上3人が僅差のトップ争い、
自分だけダンラスという状況において、
「ツ…ツモ。クイタン。300、500です…」
とかやってみると、どうだろう。
その辺の気温が5度くらい下がる事は間違いない。

もちろん、ルール上は問題ない。
役があれば、和了れるのだから。
しかし、それに何の意味があるのか、ということを、
考えなければならない。
特にクイタンなどは、安く早く局を進める手段。
それを、オーラスにダンラスがやっちまうのは、
やはり問題と言わざるを得ないだろう。

次回は、もう少し色々な状況を交えつつ。

精神論的な何か

ども、ときらです。
先日の敗北のショックは大きく、
次の日は、牌を見るのもイヤな状況でした。
が、更に一日たったら普通にハンゲームやってましたw

さて、今日は麻雀においてよく言われる精神論について、
ちょろんとお話をば。

麻雀の強さにおいてはモチロン
技術も運もとっても重要。
しかし、一流のプロ雀士の中には、
「麻雀に一番大切なことは何か」
と聞かれると、
「それは心の強さだと思います」
と答える人がいるという。

これは全く、その通りだと思うのだ。
私事だが、俺の先日の敗北も、
最大の原因は心の弱さにあったと思う。

先日の麻雀では、メンツの一人にとてつもない強者がいた。
とは言え、たまにHさんの代わりに入って打つ程度だったのだが、
その打ちスジはあまりに強烈だった。

その人が入った最初の局は、ドラの五萬と何かのシャボでリーチ、
一発でドラを引き上がってのツモ。4000、8000。
それからしばらく経って、ツキを失ったHさんの代わりに卓につくやいなや、
絶妙のタイミングでの鳴きから、唯一に近い手順を踏んでの和了り。
そしてその次局、
「さっきの和了りが、この結果に結びつくんですよ」
と、後ろで見ているHさんに説明しながら、
当たり前のように親のダブルリーチ(三面張)を打つ。

はっきり言って、俺はのまれていた。

後日アンディにも指摘されたことだが、
きちんと普段通りの自分の麻雀が打てていれば、
そこまでの敗北は喫しなかったはずなのだ。

「揺れない心」

文字にするのは簡単だが、
それを身につけるのは、
全く、とてつもなく難しいものであるなぁ…。
プロフィール

ときら

Author:ときら
月に1回くらい麻雀が打ちたくなります。
日に5回くらいラーメンが食べたくなります。

つぶやきトキラ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ときらら397
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。