日々の中で感じたことを綴ってみます。週1ペース更新を目指してみるとかみないとか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○種○枚(1)

これからしばらく、昔作った麻雀勉強用の記事を、
新たな牌画像付きで再掲載していきたいと思います。
昔の牌画像は今もう見れなくなっちゃったもんで。
以下、過去記事のコピペ。



タイトルの○種○枚。
インディカ種タイ米みたいな
ボケはなしで。ツッコミもなしで。

これは、待ちの考え方として、非常に便利なものです。
初級者くらいの方が、この考え方をキッチリ身につけると、
勝率がグンとアップすること間違いなしです。
かなり昔に、多少触れた気もするけど、
もう一度改めて、一から説明しちゃってみるっす。

麻雀の目的はアガリ。
そしてアガリの一歩手前はテンパイ。
ならば、より良いテンパイ形を目指すのは当然。
良いテンパイというものには、
高い打点広い待ちの二種類があると思いますが、
ここでは、広い待ちに話を絞ります。

そう、広い待ちの方が狭い待ちより良いに決まってる。
タンキやペンチャン、カンチャンより、リャンメンってことですね。
1種類より2種類ってことです。

しかし今日は、ここんとこをもう一歩掘り下げてみよう。
種類だけでなく、枚数に着目するわけです。

つまり、タンキ待ちは1種3枚。
カンチャン・ペンチャンは1種4枚。
実は微妙~に、カンチャン・ペンチャンの方が勝るわけです。
(ただし、タンキ待ちはかなり自在に待ちを変えられるので
実戦上はタンキ待ちの方がアガりやすい意味はある)

この考え方でいくと、リャンメンとノベタンは同じ二面待ちながら、
はっきりとした優劣がつくのです。

0
リャンメン待ち…2種8枚待ち

1
ノベタン待ち…2種6枚待ち(三萬・六萬を自分で一枚ずつ使っている)


ちなみに亜リャンメンは、ノベタンと同じですね。
2
亜リャンメン待ち…2種6枚待ち

では、これを踏まえた上で、続きは次回。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ときら

Author:ときら
月に1回くらい麻雀が打ちたくなります。
日に5回くらいラーメンが食べたくなります。

つぶやきトキラ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ときらら397
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。