日々の中で感じたことを綴ってみます。週1ペース更新を目指してみるとかみないとか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○種○枚(2)

さて、前回の続きです。
今回は、よく出現する待ちの形を見てもらい、
その枚数を示していきたいと思います。

まずは最強の多面チャーン。

3

こんなの良く出現する形じゃねえよ!!

はい、ごもっともw
ま、参考までにってことでw
最強にアガリやすいこの形。待ちの種類及び枚数は、
13種39枚となりますね。
牌は全部で136枚なので、卓上全ての牌のうち、
4分の1以上が和了牌という、実に凶悪な待ちです。
もちろん打点もダイナマイトですw

さて、次からが本番ですね。
4
3種11枚
代表的な多面張。四萬を一枚自分で使ってるので11枚。

5
3種9枚
実戦でも、割とよく出る形。
しかし同じイッスッチーでも、こっちの方がやや弱い。
普通のリャンメン待ち(8枚)に毛が生えたくらい。
とは言え、好形は好形です。

6
3種7枚
これも、よく見かける形。
実は普通のリャンメンより少ない待ち枚数という罠。
3メンチャンという言葉に騙されてはイッカーン!
しかし、もう一つの頭の部分が字牌だったりすれば、
アガリやすいかもしれませんね。

7
3種11枚

文句なしに絶好形。
二萬の壁がジャマをして、一萬は使いにくそう。
あっさりポロッと出てくることも少なくないでしょう。


とりあえず、今回はこんなところで失礼をば。
しかし、実戦では場況をよく確認して、
この枚数から、既に捨てられている牌の枚数を、
引いて計算しなければなりません。
次回はそのへんの所について、ちょろんと書いてみます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ときら

Author:ときら
月に1回くらい麻雀が打ちたくなります。
日に5回くらいラーメンが食べたくなります。

つぶやきトキラ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ときらら397
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。