日々の中で感じたことを綴ってみます。週1ペース更新を目指してみるとかみないとか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○種○枚(4)

さあ、前回の続きですね。
この形。

8

何切る?
ただし、1mは4枚とも場に切られている。

単純な待ち枚数で言うなれば、
2m3m部分も、4p6p部分も、待ち枚数は4枚。
しかし、ここからの変化を考えるならば、
2m3mを落とすべきでしょう。

何故か。
1mが無い2m3mは、最早リャンメンとは言えません。
この状況、ペン4m待ちなどと言われることもあります。
確かに、そう考えた方がわかりやすいでしょう。
なら、あとは単純にペンチャンとカンチャンの比較ですから、
カンチャンを選ぶべき、ということになります。

もうちょい細かく説明すると、好形への変化の枚数を比較する、という
考え方になるかと思います。

8-1
ここに何かを持ってきて好形になるケースは、ほぼゼロ。
5mを持ってきたら、ペン4mがカン4mになるなーってくらいです。
好形への変化が望めない愚形は、マジ愚形ですw
これにより、1mが4枚切られた状態での2m3mは、
典型的な愚形ということがわかるのです。

8-2
では、これが好形になる場合を考えてみましょう。

3p・7pツモで、リャンメンへ変化…2種8枚

リャンカンは便宜上、準好形とします。
2p・8pツモで、リャンカンへ変化…2種8枚

このように、好形変化2種8枚、準好形変化2種8枚、
4種16枚も、形がレベルアップするチャンスがあるのです。
先ほどの1mがない2m3mとは大違いです。

ましてやこの形、7pもしくは8pをツモることによって、
678の三色も見えます。
これだけ条件が整っていれば、全く迷う必要なく、
2m3mを落としていくべきでしょう。

ともあれ、待ちの残り枚数を確認することと同様に、
好形変化の枚数を確認しておくことも、とても大事ってことです。
見た目だけのリャンメン待ちにダマされないよう、
本質を見抜ける人間になりやしょう!




さてさて、過去記事の再録はここまでです。
次回からは、ちゃんと新しい記事を書いてまいりまするー!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ときら

Author:ときら
月に1回くらい麻雀が打ちたくなります。
日に5回くらいラーメンが食べたくなります。

つぶやきトキラ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ときらら397
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。