日々の中で感じたことを綴ってみます。週1ペース更新を目指してみるとかみないとか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ちについて(3)

さて、続き。

前回は、同じ4枚待ちでも、
カンチャン待ちはペンシャン待ちよりも良いっちゅー話でした。
そして、今回はシャンポン待ちについて。

シャンポン待ちというのは、頭が二つの状態の待ちのこと。
例えばこういう形ね。

東東東南南南西西西北北白白
(こんな手、テンパってみたーい\(^o^)/)

シャンポン待ちとカンチャン待ちの優劣は、実はかなりビミョーなのですが、
私はシャンポン待ちに軍配を上げたい。

その理由の一つは、待ちに字牌を絡められるということ。
たとえばこんな形の時。

一二三③④⑤⑦⑧⑨688中中
(漢字がマンズ、○付きがピンズ、普通の数字がソーズね)
6ソー切りリーチ?8ソー切りリーチ?

もちろんその時の場況にもよるが、
普通は8ソーを切ってカンチャンの7ソー待ちに受けるより、
6ソーを切って8ソーと中のシャボに受けた方が良い待ちだろう。
字牌というのは「ちょっと怪しいな…」と思っていても、
切る牌がなくなれば切られてしまうもの。
さらに、中は役牌なので、中で和了れば得点的にも高くなる。

シャンポン待ちの利点は他にもあるのですが…
それはまた次回。ばいにー。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ときら

Author:ときら
月に1回くらい麻雀が打ちたくなります。
日に5回くらいラーメンが食べたくなります。

つぶやきトキラ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ときらら397
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。