日々の中で感じたことを綴ってみます。週1ペース更新を目指してみるとかみないとか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3・7ノススメ(2)

3・7(尖張牌)はキー牌というお話の続き。

麻雀には、数多くの格言がある。
その格言の中には、上達の手助けとなる至言もあれば、
特に確かな根拠はないものもある。

こういう言葉を聞いたことはないでしょうか。

「早いリーチは、イースー(1・4)ソー」

早い巡目にかかったリーチは、1・4ソー待ちだよという、
まさしく何の根拠もない格言ですw
まあ、いい待ちだから即リーをかけるという意味はあるけど、
なぜソーズ限定なんだよっていうw
仲間内で軽口を叩き合いながら打つ時のネタくらいにはなるが、
決して本気にしてはなりません。

それよりは、どうせならばコチラを覚えていただきたい。

「早いリーチに、3・7切るな」

これは、ある程度ちゃんとした根拠のある格言である。
では、なぜ早いリーチに3・7が危ないのか。

基本麻雀は、必要な牌を手に入れて、不要な牌を捨てる。
であれば、このチェンジ回数が多ければ多いほど、
整った手になる可能性は高くなる。
これは当然のこと。

ということは、序盤の2巡目や3巡目で、
完全な最終形になっているのはとても珍しい。

つまり、極端に早いリーチについては、
相手を牽制するというのが第一の目的であり、
あまり良くない待ちになっている可能性が高いのです。

そして、あまり良くない待ちの代表といえば…!?

続きは次回。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ときら

Author:ときら
月に1回くらい麻雀が打ちたくなります。
日に5回くらいラーメンが食べたくなります。

つぶやきトキラ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ときらら397
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。