日々の中で感じたことを綴ってみます。週1ペース更新を目指してみるとかみないとか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神論的な何か

ども、ときらです。
先日の敗北のショックは大きく、
次の日は、牌を見るのもイヤな状況でした。
が、更に一日たったら普通にハンゲームやってましたw

さて、今日は麻雀においてよく言われる精神論について、
ちょろんとお話をば。

麻雀の強さにおいてはモチロン
技術も運もとっても重要。
しかし、一流のプロ雀士の中には、
「麻雀に一番大切なことは何か」
と聞かれると、
「それは心の強さだと思います」
と答える人がいるという。

これは全く、その通りだと思うのだ。
私事だが、俺の先日の敗北も、
最大の原因は心の弱さにあったと思う。

先日の麻雀では、メンツの一人にとてつもない強者がいた。
とは言え、たまにHさんの代わりに入って打つ程度だったのだが、
その打ちスジはあまりに強烈だった。

その人が入った最初の局は、ドラの五萬と何かのシャボでリーチ、
一発でドラを引き上がってのツモ。4000、8000。
それからしばらく経って、ツキを失ったHさんの代わりに卓につくやいなや、
絶妙のタイミングでの鳴きから、唯一に近い手順を踏んでの和了り。
そしてその次局、
「さっきの和了りが、この結果に結びつくんですよ」
と、後ろで見ているHさんに説明しながら、
当たり前のように親のダブルリーチ(三面張)を打つ。

はっきり言って、俺はのまれていた。

後日アンディにも指摘されたことだが、
きちんと普段通りの自分の麻雀が打てていれば、
そこまでの敗北は喫しなかったはずなのだ。

「揺れない心」

文字にするのは簡単だが、
それを身につけるのは、
全く、とてつもなく難しいものであるなぁ…。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ときら

Author:ときら
月に1回くらい麻雀が打ちたくなります。
日に5回くらいラーメンが食べたくなります。

つぶやきトキラ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
ときらら397
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。